Amazonせどりの難点 価格競争が起こる原因と対策

スポンサーリンク

こんにちはハリハリです。

Amazonせどりをしていると、

必ず経験する価格競争。

仕入れた頃には利益が出るはずだったのに、急いでFBAに納品したにも関わらず

だんだんと価格が下がり始め、2~3日も経てばほとんど利益が出ない状況になっていた…。

 

せどりをしているとこんな経験をしたって方も多いんじゃないでしょうか。

 

僕も価格競争はたくさん経験してきました。まぁ今も巻き込まれますけどww

最近、価格競争が起こった商品で分かりやすい例があったのでモノレートの画像付きで分析してみました。

価格競争が起こる原因

価格競争の原因としては、多くの場合が出品者の急増です。

出品者が多くなると、カートを取得して我先に売ろうと思うのか

最安値より安く価格設定して、それにつられた人が

 

せどらー1『もっと安く!』

せどらー2『なら俺はもっと安く!!』

 

という風に、とにかく安く安く価格設定を繰り返すのでみるみる価格が下落していきます。

 

最安値=カート取得

 

というイメージが強いのでみんな最安値設定にするんだと思います。

確かにそれも一理あるんですが、あまりにも値段がかけ離れてなければ最安値じゃなくてもカートは取得できますよ。

在庫数や出品者の評価なんかも加味されて、商品カートが取れるかが決まります。

 

間違っても価格競争の引き金を自分で引くのはやめましょうねww

なぜ出品者が急増するのか?

では出品者の急増について掘り下げてみましょう。

多くのせどらーはリサーチする時に、現在のAmazonとの価格差を見て

 

価格差があれば仕入れ

価格差が無ければスルー

 

といった感じで仕入れをしていると思います。

じゃあもしチェーン店が全国で同じ商品をセール品にしたらどうなるでしょうか?

例えば

 

Amazon販売価格 → 5000円

店舗セール価格  → 2000円

 

だった場合、仕入れますよね??

同時期に全国のせどらー達がこの商品を見つけ、仕入れるので出品者が急増するわけです。

価格競争が起こるパターン

下のモノレートを見て欲しいんですけど

定価4104円

仕入れ価格 約2800円~4104円

 

これを見てもらうと、12月頃まではAmazon本体の在庫があったので価格の変動はそれほど無いですが

Amazon在庫が切れてから1月中旬頃を見て下さい。

 

出品者が減ったあとに急に価格が上がってますよね??

5980円まで上がっても売れてます。

これなら定価で仕入れても利益が出るので店舗仕入れに行ったせどらーが気付いて

 

『うぉー!これ定価以下で仕入れできたらめっちゃええやん!!』

 

と言うことで、価格差に気付いたせどらー達がせっせと仕入れ始めます。

その結果

 

このように、あれよあれよと出品者が増えて価格が急落していきます。

我先に売ろうとする人が最安値に設定、それにつられた人がもっと安くと…

どんどん価格競争を盛り上げるわけです。

 

実はこの商品、ある店舗が2000円程度で再入荷したことでこんな激しい価格競争になってるんです。

 

2000円仕入で5980円で売れたら結構いい利益になりますしね。

そして今じゃ過去最安値になってますww

 

逆にここまで価格が下がると、商品によっては刈り取りのチャンスではあるんですけどね。

価格競争の対策

仕入れ時点で出品者数の確認をする

仕入れに行った時にまずモノレートで売れ行き等の確認をしますよね?

その時に出品者数の確認をしましょう。

これが急増しているようだったら全国で同じ価格で仕入れできる可能性が高いと判断できます。

 

他の店舗に行って、同様の商品があるか確認してもいいと思いますよ。

せどり仲間がいるなら聞いてみることも重要です。

値札のPOPを確認する

価格競争の起こる商品ってだいたいがセール品です。

もし一般の表示であれば、その店舗だけが値下げしている可能性もあるので値札も参考にするといいですよ。

値札に

【処分品】

【セール品】

などのPOPで派手に表示されてるのでセール品なのか確認しましょう。

価格が下がる前に売り切る

人気でよく売れている商品の場合に限りますが、仕入れ時点では価格差があればすぐ出品して、価格が下落する前に売り切る方法もあります。

ただし、FBAだと1~2日かかるので自己発送かヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで売ることも考えましょう。

価格競争に巻き込まれたら

  • 資金が無いなら損切りする
  • 値段が戻るまで待つ

 

このどちらかしか無いと思います。

人気の商品なんかは価格競争の出品者がいなくなれば値段が戻ることも多いので待ってもいいですが、

いつになるか分からないので仕入れ資金が少ないならサッサと損切りしましょう。

 

損しても次で稼げばいい話です。僕にも言える話ですが失敗を恐れていると身動きが取りにくくなるので積極的にやりましょうねww

失敗しても学べることが必ずあります。

最後に

何も考えずに目先の価格差だけを追って仕入れをすると価格競争に巻き込まれる可能性も高いので利益の出る商品を見つけたら仕入れる前に

  • 全国セールなのか
  • 出品者数の傾向
  • 回転の良い人気商品なのか

 

を少し考えてみて下さいね。

僕は利益の出る商品が見つかると興奮状態になって周りが見えなくなりがちでしたww

何回それで失敗したことか。。。

興奮状態になると後で

『なんで仕入れたんやコレ』

って後悔することもあるんで、一呼吸おいて冷静に判断してくださいねww

~お問い合わせはコチラからどうぞ~

良かったら友達登録してくださいね。 有益な情報も発信できればと思ってます~。 質問等も受け付けますのでお気軽にどうぞ♪
友だち追加
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA