超簡単!Dトラッカー125/KLX125 エンジンオイル交換

オイル交換
スポンサーリンク

こんにちはハリハリです。

Dトラッカー125のオイル・フィルター交換の流れを説明させていただきます。

画像はDトラですが部品も同じなのでKLX125も同様の手順でいいです。

メーカーの推奨期間は6000kmまたは1年で交換となっていますが

Dトラは、入るオイルの量も少なく、結構すぐ汚れるので

3000kmまたは半年で交換するといいと思います。

準備するもの

  • オイル 1ℓ(フィルターを交換しない場合900mlでOK
  • オイルフィルター
  • フィルターカバーのOリング(純正品番:92055-0201)
  • ドレンワッシャー
  • 8mmレンチ
  • 17mmレンチ
  • ラジオペンチ
  • 廃油処理箱
  • パーツクリーナー
  • ウエス
  • 漏斗
  • 手袋

流れ

まずエンジンをかけ4~5分程度、暖機運転をしてオイルの温度を上げておく

エンジンを切り、オイルキャップを少し緩めておく

オイル排出先に廃油処理箱を設置し、

ドレンボルト(17mm)を外しオイルを排出させる

※この時、オイルは熱々なんで手にかからないように注意しましょう

オイルキャップ オイル排出

 

 

オイルが抜けたら次は反対側のオイルフィルターカバーを外します

ボルト3本(8mm)で止まってしますので外します

※緩めていくと残ったオイルが垂れるてくるので下にウエスか何かを置いておきましょう

フィルターカバー

 

 

 

ラジオペンチ等でオイルフィルターを外し

オイルフィルターカバーのOリングを新品に交換します

DSC_0166

 

 

新品のフィルターをセットし、フィルターカバーを取り付けます

※カバーには向きがありますので三角マークを必ず上にして付けましょう

フィルターカバー 三角マーク

 

 

オイルが完全に抜けたらパーツクリーナー等で適宜、清掃してドレンボルトを締めます

※ドレンワッシャーも新品に交換しておきましょう

ドレンボルト

 

 

オイルキャップを外し、オイルを注入する(フィルター交換時は1ℓ)

僕は漏斗を使用し、オイルを入れます

注ぎ終わったら、適正な位置までオイルが入っているかレベルゲージで確認する

漏斗

Dトラはオイルも少なく1ℓで済みますし、作業もとっても簡単です。バイク屋に頼むと工賃がいくらか発生しますので費用を浮かせるためにも、ご自分でやってみてはいかがでしょうか。

僕はOリングもドレンワッシャーも毎回新品にはしていませんがオイル漏れの原因にもなりますので、できればその都度新品に交換しましょう。

 

 

あ、話はそれますがこの記事を読んで頂いたあなた、、、副業には興味ないですか??

僕は今副業でせどりをしてて、毎月10万以上のお小遣いを稼いでいます。

 

この調子で稼ぎ続けてまた大型バイクに乗りたいなぁなんて思ってますww

せどりは初心者でも稼ぎやすいのでホントオススメの副業ですよ。僕でもできてますしww

このブログでは副業せどりの事についても書いてますので興味があれば見てやってください。

↓↓せどりに興味がある方はコチラ↓↓

副業せどりで月収160万達成!!12月売上実績

2018.01.05

せどりの基礎知識 初心者にも分かるせどりの流れ

2017.07.20

~お問い合わせはコチラからどうぞ~

良かったら友達登録してくださいね。 有益な情報も発信できればと思ってます~。 質問等も受け付けますのでお気軽にどうぞ♪
友だち追加
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA